FC2ブログ

平日朝八時から観客二人(自分含む)の映画館でキメる『アトミック・ブロンド』はどんなに控えめに表しても最高の映画体験でしかなく、俺は映画館を出てから衝動的にウォッカを買いに走った

 ……というわけで、タイトルだけで何を観てどんな衝撃を受けたのかわかっていただけると思うんですが。


 『アトミック・ブロンド』最高でした。

 観客二人の朝の映画館というシチュエーションも相まって、最高でした。

 観終わった瞬間に

「あーはいはいはいはいはいはいはいはい!!!!!アトミックブロンド!!!!アトミッッッッッッッッックブロンド!!!!!!!!」

 ってなったぐらいに最高でした。

 内容としては、ベルリンの壁崩壊直前(マジで直前)のベルリンを舞台に、MI6のスパイがKGBを相手に極秘のマイクロチップを入手しようとするところにCIAやフランス諜報部も入り混じって事態がどんどん混迷していくっていう、平たく書くとそれだけの話なんですが。

 間違いなくアクション映画ですしスパイ映画なんですけど、女エージェントの華麗なスパイアクション(アクションはかなりあるけど華麗ではない)を期待していた人や、007のような娯楽アクション映画を期待していた人は、いまいちどこでカタルシスを感じればいいのか戸惑うと思います。

 この映画、地味なんですよ。

 いや、派手なんですけど、アクションとか演出とか。

 ただ物語としての起伏はそれほど激しくあるわけではなく、やってることはアクションなんですけど、話の展開は、誰がスパイで誰が味方で、それぞれの目的はなんなのかっていう人間同士の腹の探り合いなんで、けっこうそれぞれの人物たちは慎重に動いたり暗躍したりするばっかりなんですよね。

 だからわかりやすく「〇〇すれば世界が(と言うか味方陣営が)救える!!」とか「〇〇しないと世界が滅びる!!」とか「〇〇という強大な敵を倒せ!!」とかいう物語のゴールもないし、そもそも誰がどういう思惑で動いているのか、どちら側についてるのかが少し複雑だったりもしますし、見目に派手なアクション(爆発三昧とか、マシンガン&マシンガン&ミサイルの豪華絢爛な銃撃戦とか遠大な土地と予算を使った手に汗握るカーアクション)とかがあるわけでもないし、何よりも色調がずっと暗いので、たぶん「女スパイ+アクション」っていうので想像してみた人は少し肩透かしをくらうと言うか、違和感覚えるかもしれません。


 でも大丈夫、シャーリーズ・セロンの生々しいまでの痛烈なアクションに慄けばいいんです!

 とにかくシャーリーズ・セロンのアクションがすごい、すごすぎる。

 いや、僕、映画観てるときに「この役者さんはこんなことできてすごいなあ」みたいな視点で観るってことそうないんですけど。

 シャーリーズ・セロンは凄い。

 圧倒的でした。

 アクションの一つ一つが生々しい。

 「殴った、蹴った、投げ飛ばした、でも敵が立ち上がった、だからまた殴った、倒した」

という一連のなんでもないアクションシーンが

「殴った、お返しに結構殴られた、結構殴られて痛いけど蹴った、蹴られた敵があまり効いていなくてそれでも向かってきた、ほうほうのていで投げ飛ばした、敵が呻いて悶えている間にもこちらの殴られたダメージは甚大でぜえはあぜえはあ言いながらとどめを刺そうとふらふら歩いていきなんとか渾身の一撃を食らわせた、倒された敵はぴくぴく動きながらも階段を転げ落ちていきやっと動かなくなった」

みたいな。

一つ一つのアクションの動機と表現が丁寧なんですね。
監督は『ジョンウィック』の監督とのことですが、確かにあの映画も淡々と殺しまくっていて凄まじかったんですが、もう、そこを越えてますね。

そして何より素晴らしいと思ったのは、ダメージの表現なんですよ。

美しいスパイであるシャーリーズ・セロンなんですが、肉弾戦を繰り広げていく度に生々しい傷か増えていくんですね。アザとか切り傷とか。顔にも出ますし、体にも。
それらは恐らく本当に傷になっているようなものもあるとは思うんですが、アクションシーンで実際にはこう受けているであろうって傷を生々しくメイクで残していっているわけです!

あの、よくバトル漫画やアクション映画で、けっこう激しく戦ったはずなのに次のシーンでは傷も残ってない、みたいなのがないんすよ!

そうして戦っていくシャーリーズ・セロンは回を増すごとに、もう本当に、本当にボロボロになっていきます。
かなり、痛々しいわけです。
それなのになぜ彼女は戦い続けるのか、戦い続けなくてはいけないのか。
ほとんどその内心の描写はされず、あくまでプロフェッショナルとして鉄面皮のまま傷ついていくシャーリーズ・セロンしか描写はされておりません、しかし、シーンの端々から、傷の一つ一つから、彼女の諦観や怒りやそして少しだけの哀しさが伝わってくるのです。
そしてそれはかなりの名脇役というか第二の主役でさえあるジェームズ・マカヴォイやその他のスパイたちからも伝わってくる、スパイという人種そのものの哀しさであったり諦めなんです。

パンフレットにも書いてありましたが、実際に冷戦下のスパイは社会不適合者的な人々をスカウトして使っていた場面も少なくなかったそうで、そういう、マイノリティの社会に対する姿勢、みたいなものにも作中少し触れられていました。

もちろんアクション観るだけでも楽しい映画ではあるんですが、特筆すべきはそのアクションからも伝わってくるストーリーがある、実は繊細な映画だということです。
アクション作品という枠組みの中でスパイという人種の描写を淡々とし続けていく女版ハードボイルドって感じ。そう、淡々と。


あ、あと、この映画、確かにシャーリーズ・セロンのどぎつさが全面に出ている映画ではあるんですが、ジェームズ・マカヴォイの映画でもありますからね!
あの『フィルス』でみたグッシャグシャのマカヴォイが今作も大活躍しておりますよ!


イヤーもう一回映画館で観たいけど、もう無理だろうなあ。
あの、15分くらい?ノーカットでアクションからカーチェイスまで行ったのとかスゴすぎた。
スポンサーサイト



『ゼロの未来』『ヘルレイザー』『テラフォ―マーズ』

 つって、アカデミー賞が何とか言っておきながら、立て続けに観たのは『ヘルレイザー』と『ゼロの未来』と『テラフォ―マーズ』でした。

 『ヘルレイザー』はもう文句なしにおもしれかった。
 素晴らしい映像技術と、ほどよい怖さと、名演技と、設定の怪しさでした。
 その前に怖いもの見たさで『テラフォーマーズ』の映画観ちゃった(キツすぎて最後まで観られなかった)から、なおのこと、あのわけわかんない世界観に対して素晴らしい物語の運びだと思った。

 『テラフォーマーズ』はキャラクターが全員、設定をしゃべる機械と化していて、なんか恐怖すら感じてしまった。
 あれすごいですよ、皆さん一度観るべきですよ。

 僕は漫画版読んでますけど何が起きてるのかわかんなかったですからね。

 全員設定しか話してないのにですよ!?
 設定しか話してないのになにがおきてるかわかんないんすよ!?
 生死かかってるのに焦ってるやつとか走ってるやつ一人もいないのも怖かった。エチュードなのかな。

 『ヘルレイザー』はリブートも企画中らしいし、どんどこ観ていこうと思いました。


 『ゼロの未来』はテリーギリアム好きだし、っつって観始めたんだけど、特に何かがすげえ面白いってわけじゃなし、切れ味もなんかそれほどなかったけど、淡々と物語が進行していくところと唐突に救済が訪れるところは割と好きでした。
 カオスを内包する無の先に自分がとどまったのが過去の思い出の世界っつうのが。救いありそうでないんですけどね。綺麗な終わり方でした。
 自分のことを自分で思ったように規定していしまう人間の話でもあると思って。
 ボブの「新しいことを始めんのに年齢なんて関係ないさ」ってのと「僕は若いから矛盾を内包できる」みたいな台詞はズバリそれに対するアンチテーゼになっていたと思うんだけど。
 自分自身をカテゴライズしてこういうものだと決めつけた時に、一つの方向性にしか先行きはなくなるし、それはすげえもったいないな、と。

 この作品、とにかくボブがめちゃくちゃいい役で、そして重要で。まあ半ばずるいんだけど。
 彼はとにかくコーエンの真逆と言うか、コーエンに無いものをすべて持ち、コーエンが持つものをすべて持たないっていうキャラクターで、例えば「僕は疲れてる、休みたいんだ、外へ出よう」って台詞とかも、彼は休みたいとき外の世界に触れるんですよ。コーエンは休みたいときひきこもるんだけど。
 その辺如実に二人の対比になっていて。
 ボブが執拗に「我々っていうのをやめろよ」って言うのも、あれは自分自身をこうだと決めつけて、「こういうタイプの人間」として主語を大きくする言い方をしている人間への批判だと思うんすよね。
 みんながこう言ってるから、とか、みんながこうしてるから、とか。
 ボブは社会の中で個人であろうとするから孤独だし、コーエンは個人なのに社会に対して自己を合理化したがるから孤独っていう。二人とも真逆なのに結局は孤独になるっていうのが、わかりやすいけどめちゃくちゃいい関係性だと思いました。

 相変わらず社会における個人、みたいなテーマは生きていて、そこんところはテリーギリアムぅ!って感じでしたけど、もう少しいろいろ遊んだり、尖ってもいいのになあとも思いました。好きでしたけどね。

日本人の日本人による日本人のための映画/『シン・ゴジラ』

 各所で話題の『シン・ゴジラ』を観てきました。

 立川での爆音上映。初の爆音体験も相まって素晴らしい鑑賞ができました。
 間違いなく、今まで観てきた映画において最高の体験をさせてもらい、衝撃を受け、呆然としたまま今に至ります。
 『シン・ゴジラ』について、誰かに説明しようとすれば僕は「やばかったです」「すごいです」「とにかく観てください」の三つしかほとんど口にできない。
 ネタバレを避けたいというのが一番の理由で、これはネタバレによる話の流れの事前把握を避けるということではなく、リアルタイムで事態を認識していく楽しさ、スリル、スピード感を損ないたくないためです。
 それほどにこの映画は「その時・そこで起きている」感が強い。凄まじい。
 映画館を出て薄暗くなり始めた立川の街にゴジラの陰も破壊の後も見つけられなかった時に違和感を抱いたほど。自衛隊機が市街をすり抜けて進行していく際に「自衛隊は優秀だなあ、東京市街での運用は初めてだろうにこうもスムーズに運転できるのだから」と考えた直後「いや、これは映画だった、現実じゃなかった」と気が付いたほどでした。

 実はこの頭の悪い三つの言葉でしか表せない感想も、それぞれに意味があり、
「やばかったです」というのは「映画の中で起きていることの凄まじさが想像以上にやばい」ということで、
「すごいです」というのは「現代の邦画でここまでのクオリティの作品が完成したことがすごい」という意味で、
「とにかく観てください」というのは「映像を目撃した時の衝撃が凄まじいので、とにもかくにも観ないとその点が伝わらない」ということなのです。


 感想を簡単に言うならば、本当にこれは「日本人の日本人による日本人のための空想科学超大作映画」であり、我々日本人がずっと観たかった映画だと思う。
 ツイッターでは『インデペンデンス・デイ』に言及したけども、アメリカ人にとっての『インデペンデンス・デイ』が日本人にとっての『シン・ゴジラ』になっていくのだろうと思った。

 これはジャンルに関わらず日本の映画界として渇望していた映画だったんじゃないだろうか。

 有名俳優を起用しながら、いわゆるスターやアイドルの力に頼り切らないキャスティング。
ある意味で射程が狭いと思われていた「怪獣映画」にこれだけの人を動員した作品そのものの魅力。
いわゆる「絵空事」でありながら細部まで作り込むことによりそれを現実へとひきよせた制作陣の努力。

日本映画不振の原因をことごとくつぶし、実現させていってくれた。まさに快挙ともいえる作品。
日本のエンターテイメント、日本の映画はまだまだやれるのだと思い知らせてくれた。素晴らしい作品。

『シン・ゴジラ』について語る言葉は尽きることがなく、みんなそれぞれに思うところがある。何故かと言われればこの映画が「どこかで起きている、誰かの考えた絵空事」ではなく、「誰もが考えるような出来事が自分が居るすぐそこで起きているというリアリティのある虚構」だからだと思う。
 これは我々の物語だ。ハリウッド超大作でも、漫画や小説世界の実写化でもなく
我々の現実と少しずれてはいるがすぐそこに存在している物語だ。
 だからみんながこの映画に揺さぶられ、語ってしまう。
 すごいことであり、そしてこれが映画というものの底力なのだと思う。
 この映画を今の東京でリアルタイムで見ることができて本当に良かった。
 


 ということで僕も色々語りたいことはあるので、それはまた別にまとめようかと思います。
 もう一回観たいなあ。

夏休み、祖母の家、風呂上がりに/ SUPER 8

 作業しながら『SUPER8』を観たんだけど。

 とりあえず息子が生まれたらこれ観せておけば一安心、みたいな映画だった。

 これと、あと『ET』とあとなんだ『ジュヴナイル』とか『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とか『グーニーズ』とか、あとあれだ『ホーム・アローン』みせておけばいいんですよ。大丈夫ですよ。『ジュマンジ』もみせます? どうぞどうぞ。
 あと『IT』みせてトラウマを植え付けましょうよ。そうしましょうよ。

 よかったですよ。すごく。よかったです。好きです
 好きですし、さらっとおすすめとかしたくなるし、飽きないし、映像技術はもちろんスゲーし小ネタもニヤニヤできるやつばかりですげー良かったんだけど。
 うん……なんだろうこの感じは。
 『ベイマックス』を観た時も思ったんだけど、思ったんだけど……。

 これ観たことあるやつや!

 ってなりました。
 いや観たことないんだけどさ。なんか、要素とか色々。観たことあるんだよ。やりつくされているんだよ。

 田舎町?の男の子たちでつるんでて、憧れの女の子をまきこんで、内緒でなんか作ったりしていて、取り合いになったりして、パパと仲悪くて、パパと憧れの女の子のパパも仲悪くて、いがみ合ってて、やっぱりパパはわかってくれなくて、あの子と会うなとか友達とつるむなとか色々言われて、街では怪現象が起きたりして……。

 ってさー。
 なんかすごい既視感なんだよな。なんだろう。
 神話とかと同じで、辿っていくと大元が同じ雛形になった話があるんだろうか。

 要所要所でスティーヴン・キングの匂いがしましたとさ。

 あ、『IT』ぽいってのはあるんだけど。これ観るなら『アトランティスのこころ』観るかもなーとは思いました。
 いや、僕これ好きですよ。好きなんですけどね。なんだろうね。

 主役の男の子がかわいいね(これですら既視感)

最近みたものたち(映画編)

 まとめて、最近観たものの感想でござんす。

・『マイティ・ソー』
・『インクレディブル・ハルク』

 とにかく『アヴェンジャーズ』が観たくて観たくて仕方がないので、その辺の予習でアヴェンジャーズ登場ヒーロ作品を観ているのだけど、やっぱり『アイアンマン』が良すぎて他が霞むなあ。
 ヒーローモノを現代の実写映画に起こした時に、やっぱり「リアリティ」と「原作に寄り添った演出」とのせめぎ合いが大事だと思うんだけどその辺のバランスがうまくいっている作品が少ない。
 『アイアンマン』にあった、兵器産業従事者としてのスタークと正義の味方として人命を守るスタークの感情のせめぎ合いやゆれ方っていうのはリアルだったし、それが2では自分の命とスーツの常用との天秤に変わっていてすごくよかったんだけど、そういうリアルさというか、キャラクターの繊細さみたいなもんが、ハルクやソーからは感じられなかった。

 まず、『マイティ・ソー』はダサい。ダサすぎる。展開もキャラクターもコスチュームもダサい、ダサすぎて話にならない。話の展開がどうしたって陳腐になるのは仕方ないんだけど、せめてスタイリッシュさは大事にして欲しかった。
 あと、もうソーあたりから明らかに『アヴェンジャーズ』に繋げようとする感が前面に出すぎていて、ちょっとそれもどうなの?という気がした。ラストとか特にね。
 なんにせよ、ソーが傲慢さゆえに追放されてからの展開がなんとも・・・もう少し惨め感を出すとか、自分の無力さをとことん思い知らされるとかしないと、あんな改心の仕方するのはおかしかないかい、という感じ。
 その点、ロキはわかりやすく悪役であり、しかも動機もしっかりしていたんで、むしろロキに感情移入していたよ、俺は。超かわいそうじゃないかロキ。結果的にアズガルドの平和を脅かす氷の巨人を破壊するという目的は間違っていなかったわけだし。認められたかったって一心であの計画実行して、しかも自分の出自しらされて、今まで自分が嫌ってたやつらと自分が同類だと気がつき、最後は育ての親に認めてもらうために生みの親殺すし……。
 能力といい外見といい(人間界でスーツ着用時)かなり好み。次回作も出てくることを期待。
 あと、メガネっ娘のカット・デニングスもマジで好みでキャラも可愛かったので唯一許した。

 それに比べて『インクレディブル・ハルク』は結構よくできていたように思える。
 序盤から「心拍数の増減」と「血清の中和」をキーにして物語が進んでいるんでみやすかったし、ハルクがまったくヒーローとして描かれていないところもリアルでよかったな。そうだよね、あんなの怪物だよね、実際にいたら。
 個人的にはセックスすらできない(心拍数が上がるから)ってところとか、走って逃げる時ですら心拍数に気を使わなきゃいけないとか、細かいところがちゃんとしていたので好きだったな。
 敵役のティム・ロスもマジかっこよかったです。最高です。クレイジーだったし。最後の怪物はちょっとアレだったけど。
 あとやっぱり、ヒーローっていうのは異質な存在なんだな、っていうことが再認識できてよかったな。その辺はまた後で書こう。

・『探偵物語』
 薬師丸ひろ子がかわいい。以上。
 あと、僕はこの年代の雰囲気が好きです。『海がきこえる』が好きなのもそのせいかもしれない。
 若いやつがみんな遊びまくっててむかつくけど笑
 終盤の松田優作が本当にかっこよくて、

「独りでいて淋しくないやつなんていないでしょう、だけど甘えちゃいけないときってあるんじゃないですか」

 って台詞は本当にしびれる。
 で、最後の最後、松田優作はずっと見送ってその場にいるんだけど、薬師丸ひろ子は振り返りもしないんだよね。それもね、二人の年齢差というかを物語っていてよかった。
 たぶんこのカップルは女の子が飽きて終わるんだろうなあ、という。

・『リーグ・オブ・レジェンド』
 駄作。原作への愛が足りなさ過ぎる。ラストはマジでひどい。
 吸血鬼なのに海を渡る、昼間から出歩く、心臓を刺されても生きている、鏡にうつる。
 透明人間(設定ではウェルズのものであると推測できる)にもかかわらず、「目玉」がない。
 などなど……。
 ドリアン・グレイがカッコよかったのがせめてもの救いだな。

・『バンデットQ』
 こちらは完全版です。
 テリー・ギリアムの異世界探訪、ファンタジーは本当に素晴らしいものがあるな。
 ちょっとダークというかブラックなテイストもよい。
 『バロン』は統一感があり見やすいファンタジーだけど、こっちの方が人間味はあってまた別の楽しさ。
 砂漠でもみあって争うところとか、ナポレオンのキャラクターとか、ラストシーンもそうだし。
 とりあえず小人症の役者を6人集めて、っていうのがまずすげえ。今できるのかなこれ。
 リーダー格の人がまたいい演技するんだよな、男前だし。ここまでちゃんと小人症の人を役者として使った作品はちょっとはじめてだったので、新鮮でした。
 うーん、この手作りが故の(CGに頼っていない)質感とか雰囲気、細かいニュアンスまで伝わるセットや小道具や衣装、効果って本当に凄いと思う。CGって結局綺麗だし迫力あるけど、どこか画一的なんだよね。「リアル」なものを求めるからかもしれないけど。「リアル」って結局目指すところは一つだからなあ。映画にニュアンスをもたせるには時にはCGを使わないのも大事なのかもしれない。
 もう一度観なおしたい映画。
プロフィール

fullyashiki

Author:fullyashiki
ツイッター @fullyashiki 名義でやっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR