FC2ブログ

黄金風景 / 太宰治

 太宰治ってあんまり読んだことないし、読んでもそんなに好きではないんだけど、『黄金風景』だけすごく好きで。

 自分の色々がぐっだぐだの時に深夜ドラマでこれがやっていて、向井理が太宰役で、昔いじめていた女中が優香だったんだけど、向井理が高慢でやなやろーなのも、優香が愚鈍でいじめられるのもはまり役で、向井理の落ちぶれっぷりとかその頃の自分の心情とも重なって他人の家で泣きながら茫然としてたのを覚えてる。このドラマイメージが強かったんだと思う。

 ラストシーンが夕焼けの中、向井理が「負けた」「これはいいことだ」って独白して終わるのだけど、小説版を読んでもやっぱり最後の「負けた、これはいいことだ、そうでなければいけないのだ。」って一文がこの小説の良さのすべてだと思う。

 そうでなければいけないのだ、って一文がいいのだ。

 負けた、って傲慢さがいいのだ。

 最近読み返したら最後の5行がぞくぞくするぐらい良かった。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2257_15061.html
スポンサーサイト



プロフィール

fullyashiki

Author:fullyashiki
ツイッター @fullyashiki 名義でやっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR